• ホーム
  • 取扱事件について
  • 法人・事業者のお客様
  • 個人のお客様へ
  • 顧問契約について
  • 弁護士の紹介
  • 弁護士費用について
  • 事務所について
  • 法律相談・受任に関するご質問
南埼玉法律事務所 〒333-0811埼玉県川口市戸塚2-21-31ベルエリゼ201号室 TEL048-452-8470/FAX048-452-8944 Eメール アクセスマップ
法律相談のご案内
一般法律相談 30分5,400円(税込) 夜間・土日法律相談可能な限り対応 詳しくはこちら

南埼玉法律事務所 弁護士費用について

 弁護士費用は、弁護士会によって定められた報酬基準が平成16年4月1日に廃止され、それぞれの弁護士が報酬基準を作成することになっています。

 当法律事務所では報酬基準を設け、事例毎に依頼者と相談のうえ、費用を決定しております。
 弁護士費用の目安として以下を参照の上、弁護士費用に関するご不明な点やご相談がございましたら、法律相談時に担当弁護士へご遠慮なくご相談ください。
※平成23年1月5日制定、平成27年4月1日改定 (以下すべて消費税込の金額です)

  • 民事事件一般
  • 家事事件
  • 刑事事件・少年事件
  • 債務整理事件(非事業者)
  • 債務整理事件(事業者・法人)
  • 顧問料

民事事件一般

 経済的利益の額(当方が原告の場合は、請求額または認容額となります。
 当方が被告の場合は、請求されている額)を基準とし、次の通りとなります。
◆民事事件一般(裁判外における交渉)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の4.32% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の2.8% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の1.62% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の1.08% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は108,000円とします。

◆民事事件一般(訴訟等、裁判所における手続)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の8.64% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の5.4% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の3.24% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の2.16% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は216,000円とします。
PAGETOP

家事事件

事件の種類 着手金 報酬金
離婚 ※1 (訴訟前) 324,000円〜540,000円
(訴訟後) 432,000円〜648,000円
着手金と同程度
相続 324,000円以上 324,000円以上
成年後見申立 162,000円〜324,000円 着手金と同程度
※1 訴訟前から受任し、訴訟手続に移行した場合は、訴訟後の着手金の半額をいただきます。
PAGETOP

刑事事件・少年事件

事件の種類 着手金 報酬金
刑事事件 378,000円〜540,000円
378,000円以上
少年事件 324,000円〜540,000円 324,000円以上
PAGETOP

債務整理事件(非事業者)

事件の種類 着手金※1 報酬金
任意整理 1社あたり43,200円。
ただし、最低額は216,000円
減額分の10.8%
自己破産 216,000円〜432,000円 着手金の2分の1程度
個人再生 324,000円〜432,000円 着手金の3分の2程度
過払成功報酬 - 回収過払金額の21.6%
(訴訟による場合は回収額の27%)
※1 裁判所に納める予納金(管財費用含む)については別途請求。
PAGETOP

債務整理事件(事業者・法人)

事件の種類 着手金 報酬金
任意整理 540,000円以上 非事業者の報酬に同じ
自己破産 756,000円以上
民事再生事件 1,080,000円以上
※1 裁判所に納める予納金(管財費用含む)については別途請求。
PAGETOP

労働問題

◆労働事件(訴訟および労働委員会における手続)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の8.64% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の5.4% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の3.24% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の2.16% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は216,000円とします。
◆労働審判事件
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の4.32% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の2.8% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の1.62% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の1.08% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は162,000円とします。

PAGETOP

契約書作成

着手金 54,000円以上
報酬 なし

売掛金回収(債権回収)

◆売掛金回収/債権回収(裁判外における交渉)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の4.32% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の2.8% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の1.62% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の1.08% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は108,000円とします。

◆売掛金回収/債権回収(訴訟等、裁判所における手続)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の8.64% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の5.4% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の3.24% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の2.16% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は216,000円とします。
PAGETOP

事業承継(M&A)

◆事業承継
着手金 540,000円以上
報酬 なし
◆M&A
着手金 1,080,000円以上
報酬 なし
PAGETOP

不動産問題(賃貸借・売買)

◆不動産問題(裁判外における交渉)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の4.32% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の2.8% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の1.62% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の1.08% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は108,000円とします。

◆不動産問題(訴訟等、裁判所における手続)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の8.64% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の5.4% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の3.24% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の2.16% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は216,000円とします。
PAGETOP

事業承継(M&A)

◆コンプライアンス・CSRに関するレポートの作成 
着手金 54,000円以上
報酬 なし
PAGETOP

交通事故

◆交通事故(裁判外における交渉)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の4.32% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の2.8% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の1.62% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の1.08% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 保険会社の弁護士費用特約を利用する場合は、自己負担額は0円

◆交通事故(訴訟等、裁判所における手続)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の8.64% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の5.4% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の3.24% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の2.16% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 保険会社の弁護士費用特約を利用する場合は、自己負担額は0円
PAGETOP

消費者被害

◆消費者被害(裁判外における交渉)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の4.32% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の2.8% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の1.62% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の1.08% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は108,000円とします。

◆消費者被害(訴訟等、裁判所における手続)
経済的利益の額 着手金※1 報酬金
300万円以下の場合 請求額の8.64% 請求額の17.28%
300万円を超え、3000万円以下の場合 請求額の5.4% 請求額の10.8%
3000万円を超え、3億円以下の場合 請求額の3.24% 請求額の6.48%
3億円を超える場合 請求額の2.16% 請求額の4.32%
※1 交渉事件から訴訟事件に移行する場合、訴訟事件受任時は、通常の訴訟事件の着手金の半額をいただきます。
※2 ただし、最低着手金は216,000円とします。
PAGETOP